HOME
新築する
各工事の見方
本体工事
塗装工事

塗装工事

建物の内外に塗料を塗ったり、吹き付けることで、表面を仕上げ、耐久性や美観を向上させる工事が塗装工事です。屋外では外壁や鉄製の階段(外階段)、バルコニーの手すりなど、屋内では建具や幅木などの木質部分に塗装されることが多いようです。
塗装単価には、素地面を整えて、下塗りをし、仕上げ塗りまで含まれるのが一般的で、材料費と手間を合わせた材工共で表されます。素地の材質、塗料の種類によって塗装工程はさまざまです。
また、単価は施工部位や面積、塗料の種類、施工方法など条件によって異なります。ごく一部分を塗装する場合だと単価が割高になることもあります。
最近の住宅では、既に工場で塗装された建材を使用することが多いので、現場で行う塗装工事の比率は少なくなっています。ただ、自然志向や、シックハウスの予防から、化学溶剤を使わない自然塗料や、夏期の太陽熱を反射させ、室内の温度上昇を抑える省エネタイプの屋根用遮熱塗料などはシェアを伸ばしています。

塗料(材料)の特徴

塗料には多くの種類がありますが、それぞれ用途が決まっています。木部用か鉄部用かコンクリート系用か、下塗り用か上塗り用か、油性か水性か、つや有かつや無かなど、これだけでも、たくさんの組合せになってしまいます。さらに、塗料には無色透明なものから、混入する顔料によって多くの色があります。
塗料の主成分は、塗膜として残る樹脂や顔料と乾燥に伴い蒸発してしまう有機溶剤や水からできています。これらを組み合わせて、素地別、用途別の塗料ができ上がっています。

主な塗料の種類

住宅の塗装で使われる塗料にも、多くの種類がありますが、代表的なものは、以下の塗料です。
さび止め塗料・合成樹脂調合ペイント・クリヤラッカー・アクリル樹脂系非水分散形塗料・アクリル樹脂エナメル・合成樹脂エマルションペイント・オイルステイン・自然塗料・遮熱塗料など

塗装仕上げの例塗装仕上げの例

塗装仕上げの例

塗装の工程

塗装する部分の素地によって塗装工事に入る前の工程が異なります。素地ごしらえは汚れや付着物の除去などを行い、塗り面を清潔に整える作業をいいます。

金属系(鉄鋼面、亜鉛面)

素地ごしらえ→さび止め塗装→塗装

コンクリート系

素地ごしらえ→塗装

石こうボード・その他ボード系

素地ごしらえ→塗装

木質系

素地ごしらえ→塗装

塗装工事の作業工程
現場作業風景

見積書の見方

名称 規格・仕様 数量 単位 単価 金額
外壁下見板張部
木材保護塗料塗り(WP)
2回塗り
材工共
19.9 1,170 23,283
花台
木材保護塗料塗り(WP)
2回塗り
材工共
4.7 1,170 5,499
階段、ロフト手すり
クリヤラッカー塗り(CL)
3回塗り
材工共
7.5 2,560 19,200
建具(枠共)
クリヤラッカー塗り(CL)
3回塗り
材工共
33.0 2,560 84,480
造作家具塗装
クリヤラッカー塗り(CL)
3回塗り
材工共
1 45,000

見積書を見てみましょう。まずは、外部の外壁下見板張部と花台は、木部なので木材の保護塗料を塗装する仕様となっています。
木材保護塗料は、木材に浸透しながらも木の通気性を保ち、日光や風雨から守る役割を持つ塗料です。また、防腐・防カビ・防虫効果も併せ持ち、主に外部の木部に適した塗料です。
次に、室内の階段や建具などの木部にクリヤラッカー塗りが記載されています。こちらも木製家具等に適した塗料で顔料が混入されていないため、木目を生かして保護塗膜を作る働きをする塗料です。
塗装は、塗料や塗装部分によって塗り回数が異なり、それにより単価が変わるので、見積書では塗料の種類、塗り回数が明記されているのが一般的です。 また、塗装前の素地ごしらえなどは塗装工事費とは別項目として示す場合もあり、『積算資料ポケット版』では分けています。

ページの先頭へ