HOME
新築する
各工事の見方
本体工事
左官工事

左官工事

左官工事とは、壁や床の仕上げに、壁土、モルタル、しっくい、プラスター、繊維などを、壁や床に、こてやローラーで塗る専門性の高い工事です。建物の保護と表面の意匠・装飾が主な目的とされていますが、日本の伝統的な工法の一つです。クロス貼りなどの乾式工法仕上げに対して、左官工事は湿式工法仕上げ、あるいはこて塗りが主体のためコテ塗り仕上げとも呼ばれます。
単価には下地を整えて、下塗りをし、仕上げ塗りまで含まれているのが一般的で、材料費と手間を合わせた材工共で表します。
また、単価は施工部位や面積の大小、左官材料の種類、施工方法などの条件によって異なります。施工規模が150㎡程度の外壁のように広い面積の場合と、30㎡程度の居室の内壁では施工量が大きく異なるため、面積の狭い居室の方が1㎡当たりの単価が割高になる傾向があります。同じ居室でも、壁と天井を施工する場合では、天井の方が施工性が悪く、手間がかかるため、壁に比べると10%程度割高になります。

左官仕上げの特徴

左官仕上げにはさまざまな種類があります。ひとくちに「土壁塗り」といっても、塗る回数を変えることで、微妙な色合いを出すことができます。「しっくい塗り」でも2色使いや、こてで模様をつけるだけで陰影の異なった趣を見せるなど、職人の技がアートに変容します。最近では、自然素材への回帰志向や調湿機能の観点から、しっくい壁や珪藻土壁などが見直され、居間や寝室の壁や天井の仕上げに採用されることも多くなっています。
その他、基礎天端均しモルタル塗りといった、基礎のモルタル塗りや、サッシ回りのモルタル詰め、人造石研出し、玉砂利洗出しなど、さらに、タイルや石工事の下地をつくるのも左官工事の役割です。
以下に仕上げの一例をあげています。

左官仕上げの種類

左官工法

左官による屋内の壁仕上げには、こて仕上げや特殊模様仕上げのためのローラー塗り仕上げがあります。ボード下地の不陸等を調整し、石こうなどで下塗りを行った上で、仕上げ塗りを行うのが一般的な壁の左官仕上げです。しっくい壁などでは、下塗りとして、シーラー塗布を行い、しっくいの接着力を増強させる場合もあります。

左官工法左官工法

現場作業風景

見積書の見方

名称 規格・仕様 数量 単位 単価 金額
内部壁仕上げ
珪藻土塗り
材工共
247.2 4,650 1,149,480
犬走り
モルタル金こて押え t30
材工共
4.2 2,970 12,474

左官工事の項目で珪藻土塗りを見てみましょう。
珪藻土とは、海や川などに生息する珪藻というプランクトンの死骸の化石が堆積したもので、昔から、日本では七輪や土壁に、海外では研磨剤や軽量レンガに使われてきました。
珪藻土は、超微細な無数の穴を持ち、そこに水分や空気を取り込むため、調湿や消臭効果が期待できます。
近年の自然素材への関心の高まりとともに、この珪藻土への注目度もアップしてきています。いろいろな商品が出ており、少し指導を受ければ、DIYでも施工できるのでリフォーム時の塗替えにもぜひ使ってみたい材料の一つです。
見積書をみると施工部分は内壁、仕上げが珪藻土塗りとなっています。数量からみて、室内の壁はほとんど珪藻土塗りで仕上げられることが分かります。また、下地が石こうボードになっていますが、下地材によって下塗りが変わるため、単価が異なります。

●珪藻土仕上げの場合には、以下のような作業工程になります。 養生→下地処理→下塗り(プラスター塗り)→上塗・仕上げ

珪藻土塗りの施工方法は上記のような工程となります。まずは、周辺を汚さないよう養生を行い、次に、下地のボード等の継ぎ目やビスなどの凸凹を平滑にするため、パテを塗るなどの下地処理を行った後、十分に下地が乾燥してから、珪藻土を塗ります。
珪藻土は、まず石こうプラスターなどを下塗りし、乾燥後上塗りをして仕上げます。この時、こてや刷毛(ハケ)、ヘラなどで表面を整え、模様付けするなどさまざまな表現を楽しむこともできます。

次に、犬走りついて見てみましょう。
犬走りとは、建物保護のため、雨水が建物に浸透したり汚れたりしないよう、建物周辺に地面より少し高くコンクリート等を敷設した通路状の部分のことをいいます。
この見積書では、金ごて仕上げで30mmの高さの犬走りを建物周辺に設けるということが分かります。
この見積書の単価は、珪藻土、犬走りともに材工共の価格です。

ページの先頭へ