HOME
新築する
各工事の見方
本体工事
屋根・板金工事

屋根・板金工事

屋根・板金工事とは、風雨や雪などの自然現象や、強い陽射しを遮って建物を守る屋根に関する工事と、棟や水切りといった屋根に関連する板金工事からなります。なお、ここでは、とい工事も屋根工事に含んでいます。
屋根工事の単価は屋根の材料費と屋根を葺(ふ)く職人の手間を合わせた材工共で示され、その費用には、足場など仮設費用は含まれません。数量・単位は面積(㎡)表記となるのが一般的です。屋根には、平らな陸(ろく)屋根もありますが、木造住宅では勾配をとって施工される傾斜のある屋根が一般的ですから、その面積は床面積より大きくなります。ちなみに材料ごとに可能な屋根勾配が決められていますので、極端な勾配を選ぶことは基本的にはできません。
また、寄棟や切妻といった屋根形状によっても施工面積や手間、材料の役物の数量が変わるため、その単価は違ってきます。
とい工事および板金工事の単価についても同様で、材料費と手間を合わせた材工共で示されます。

屋根材(材料)とその特性

屋根材には、材質で区分すると以下のような種類があります。また、材質ごとにさまざまな形状のものが用意されています。

屋根材の種類

屋根の施工手順

材質によって、やや異なりますが、以下の手順で進みます。なお、屋根の下地となる野地板張りは木工事に分類されますので、ここでは、それから上が工事範囲です。

下葺き(→瓦桟取付)→屋根葺き…→とい工事

下葺き材として用いられるのは、ルーフィング(防水シート)です。ルーフィングには、主にアスファルトルーフィングと改質アスファルトルーフィング(ゴムアスファルト)があります。改質アスファルトルーフィングは、アスファルトにポリマー等を添加し、耐候性や耐熱性、弾力性などの機能を向上させたルーフィング材で、近年、耐久性の面からもこちらの使用が増えているようです。

見積書の見方

名称 規格・仕様 数量 単位 単価 金額
下葺き
アスファルトルーフィング940
材工共
88.8 800 71,040
金属板葺き
ガルバリウム鋼板 t0.4 平葺き
材工共
88.8 5,110 453,768
破風・鼻隠し
ケイ酸カルシウム板 t16×W180
材工共
47.0 m 3,220 151,340
破風・鼻隠し曲げ加工
ガルバリウム鋼板 t0.4 曲げ加工
材工共
47.0 m 2,500 117,500
SUS雪止め
W200
材工共
20 900 18,000

初めに、屋根工事を見てみましょう。
2行目に示されているのが、下葺き材のアスファルトルーフィングです。屋根材を葺く下地部分なので、数量をみると3行目の屋根材と同数になっています。
屋根は金属で、厚0.4mmのガルバリウム鋼板の平葺きであることが分かります。昨今、耐震性の関係から、瓦屋根よりも軽い屋根が好まれ、金属製の屋根材が増えつつあります。金属屋根の場合、金属の種類と厚みが表記されているのが普通です。同時にメーカー名と商品名が記されている場合もあります。平葺きは屋根材の葺き方を表しており、金属屋根の工法の一つです。平葺きは、比較的広く採用されている工法ですが、金属屋根には、この他、たて平葺き、瓦棒葺きなどがあります。平葺きでも、その形状によっては、一文字葺き、亀甲葺き、菱葺きなどがあります。
屋根の数量は、単位欄に示しているように、面積(㎡)で拾います。また、金属屋根に限らず、加工が伴う場合は、材料に端数などのロスが出るため、実際に取り付ける数量よりも、若干数量を多めにみる傾向があります。

屋根面積の拾い方
名称 規格・仕様 数量 単位 単価 金額
軒どい
塩ビ製角形 W90
材工共
22.6 m 4,200 94,920
たてどい
塩ビ製 60mm角
材工共
21.2 m 2,430 51,516
集水器
塩ビ製角形 W90用
材工共
4 カ所 4,950 19,800

次にとい工事を見てみましょう。といは屋根に降り注いだ雨を、屋根ごとに地下のます(雨水ます)まで導く役割を担っています。かつては金属製のものが中心でしたが、昨今は塩ビ製のといが主流です。しかし、高級な和風住宅や寺院などでは、最高級といわれる銅板を加工したといが好まれるようです。
事例では、軒どい、集水器、たてどい、ますは全て塩ビ製で角形のものが選ばれています。といには、角形のほか丸形もあります。数量・単位とも長さ(m)で拾い、とい工事も材料と手間を合わせた材工共の単価で表します。軒どいやたてどいの数量にはエルボなどといった接合部の役物も含まれています。集水器や角ますなどは、図面から必要個数(箇所)で拾います。といを取り付けるには、各種の金物が必要です。ここでは、たてどいを躯体に留める金物等も含んでいます。

ページの先頭へ