HOME
新築する
新築工事の流れ
3.契約

新築工事の流れ 

  1. 1.プランニング
  2. 2.詳細プラン・見積り打合せ
  3. 3.契約
  4. 4.着工
  5. 5.竣工・完成
  6. 6.引渡し・アフターサービス

③契約

  • 契約は、図面、仕様を確定した時点で行いましょう。
    あいまいなままの契約はトラブルの原因となります
  • 工事請負契約書、契約約款に加えて、設計図書(仕様書、図面)、最終見積書が添付された状態で契約を行いましょう
  • 契約内容を前日までに確認し、不明な点はしっかりと確認しましょう。できれば、その打合せ内容も書面で残しておきましょう
  • 竣工予定日や引渡し予定日は、具体的な日付が記載されているかを確認し、遅延が生じた場合の対応も確認しておきましょう
  • 契約金については、業者によってさまざまなので、協議の上で決定します。 契約解除の際の対応についても、念のために確認しておいたほうがよいでしょう。
    この時に残代金の支払いについても確認します。残代金は着工時、中間時、完成時にそれぞれ1/3ずつ支払うパターンが多いようです。住宅ローンを使用する際は、つなぎ融資が必要となりますので、完成時一括支払いができないかを相談してみましょう。高額な契約金(契約金額の1割以上)を要求する業者は要注意です
  • 完成後の保証や、瑕疵担保責任保険などについて、確認しておきましょう。延長保証制度などがあれば、検討してもよいでしょう

掛かる費用

契約書に貼付する印紙代
工事費が1,000万円を超え5,000万円以下の場合 10,000円
(平成26年4月1日~平成30年3月31日の軽減措置による、本来は20,000円)
建築確認申請費用
5~20万円(検査機関によって異なる)
契約金
100万円程度
イラスト:契約

ページの先頭へ