HOME
リフォームする
リフォーム工事の特性
リフォーム工事のサイクル

リフォーム工事のサイクル

部位・仕様 点検のポイント リフォームのサイクル 内容
点検・
部分補修
(年)
全体(年)

基礎

基礎 亀裂 5~7 30~35 点検時に亀裂が見つかれば補修する。布基礎のゆがみ、亀裂が多い場合は地盤のチェック、改良が必要。
土台・床組 木材の裂傷、腐朽 5~10 20~30 湿潤状態(カビの発生など)、白アリ被害、蟻道のチェックを同時に行うこと。異常が発見された場合は、早急な対応が必要。

屋根

陶器瓦 割れ、ずれ 5 25~30 割れ、ずれの点検は5年周期で行い、それらが見受けられる場合は部分補修。割れ、ずれが多くなれば25~30年を目安に葺替え
化粧スレート屋根 塗装の剥がれ 5 10~15 7~10年で塗り替え、25年で葺替え
金属屋根 さび 7~10 15~20 さびの補修と塗替えがポイント。さびや退色が目立つようになれば15~20年後に葺替え
雨どい さび、ゆがみ、破損(受金物共) 5 10~15 毎年清掃、詰まりの除去が必要。ゆがみ、外れ直し、受金物の破損はその都度補修するが、5年を目安に点検。金属製は10年ごとに塗替え。15年以上経過すれば取替え
シート防水 劣化 - 15 15年サイクルで改装する

外壁

モルタル、リシン仕上げ、しっくい 汚れ、ひび割れ、剥離、変色 5~10 15~20 亀裂直しは5~10年、部分吹付けは8年が目安。亀裂が全体の20%を超えれば塗替え
吹付仕上げ 汚れ、ひび割れ、剥離 - 10~20 部分的に補修するより、美観上10~20年ごとに全面吹付けをすることが多い
人造石洗出し仕上げ、リシン掻落し 汚れ、ひび割れ、剥離 10 20~25 亀裂、減耗は少なく、耐久性が高い
木質系サイディング 汚れ、腐朽、破損 3~5 15~20 塗替えを3~5年ごと。肌荒れが多くなれば張替え(20年)
金属系・窯業系サイディング 汚れ、破損 5 15~20 10~15年ごとに塗替え。手のひらでこすって白い粉がつくような塗替えのサイン。20年以上は張替えの検討
タイル張り 目地落ち、浮き、剥離 7~10 25~30 目地塗替えは7~10年ごと。施工が悪いとタイルの剥離が早く起こる
石張り 汚れ、破損 10 30~40 手入れが良ければ耐久性は高い。基礎や下地が悪いと割れの原因になる
破風板、軒裏 汚れ、塗装の剥がれ 7~10 15~20 7~10年ごとに塗替え。肌荒れが進むと雨水が壁面・軒裏に回り、腐朽・雨漏りの原因になる
雨戸、戸袋(金属製) 汚れ、塗装の剥がれ 10 25~30 10年ごとに塗替え。25年程で取替えを検討

内装

遜色、摩耗 3~5 10~20 3~5年ごとに裏返し、表替えが基本。傷みが少ない場合の畳の取替えは15~20年後
フローリング 汚れ、腐朽、剥離 6~8 15~20 ワックスがけは毎年行うと良い。下地の施工状態や使用状況によっては15~20年で張替えが必要な場合もある
カーペット(純毛) 汚れ、減耗 2 15 2年ごとにクリーニングを行い、大きな汚れや剥離、破損が発生すれば都度部分補修を行う
カーペット(化繊) 汚れ、減耗 2 8 2年ごとにクリーニングを行い、大きな汚れや剥離、破損が発生すれば都度部分補修を行う。張替えの目安は8年程度
塩ビ系床 剥離、減耗 6~8 20 部分補修は6~8年が目安だが、剥離は3~5年から始まることがあるので都度補修
タイル床 破損、剥離、目地落ち 7~10 30 目地塗替えは7~10年
化粧合板、単板類 汚れ、腐朽、剥離、遜色 7~8 10~15 塗替えは3~5年、部分補修は7~8年。10年後には全体を点検し、汚れがひどい場合は、クロス貼り等仕上材の変更を検討。全体点検時には、胴縁、野縁のチェックも忘れないこと
繊維壁、しっくい壁 汚れ、亀裂、剥離 4~5 20 亀裂が20%以上になった場合、全面塗替えを検討
クロス 剥離、遜色 5~8 10~15 清掃は毎年。剥離が目立つようになれば早めに貼替えを行うこと

建具・開口部

破れ、汚れ、金具破損 3~4 15~20 3~4年ごとに襖紙の貼替え。鴨居の下がり、敷居の溝直し等の建付け直しは10年ごと
障子 破れ、汚れ 1~2 15~20 貼替えは毎年行うことが基本。組子直しは5年ごと。建付け直しは10年ごと
ドア・引戸 汚れ、腐朽、破損 3~5 20~25 塗替えや丁番、戸車取替えは3~5年ごと。建具、枠の修理は10~15年
アルミサッシ 汚れ、金物破損 3~5 15~20 清掃は毎年、クレセントの点検・交換は10年が目安。戸車直しは都度行う

水回り(キッチン、浴室、洗面室、トイレ)

内装 腐朽、折損(根太)、汚れ、剥離、カビ、破損 10~15 15~20 部分補修の目安は10~15年だが、防カビ処理や塗替えは5~7年ごとに行う。クロスの貼替えは10~15年。床面と幅木、壁面の隙間に注意。根太が傷めば仕上げ材を含めて取替え。キッチン、浴室回りの土台、柱は15~20年程度で腐れが多くなる
給排水管 つまり、腐食、破損 1~5 20~25 漏水は床、構造体に影響するので、配管クリーニングは定期的に行うのが良い
シンク、浴槽、洗面台、便器等 破損、汚れ、がたつき 5~10 20~30 取替えは20~30年が目安だが、ポリバス浴槽の場合は10~15年。水漏れ点検は毎年行う。浮ゴムやパッキンの取替えは5~10年が目安。水栓金具の点検も行うこと。
トイレ 水漏れ 5~6 10~20 部分補修時には弁の交換を行う

外構

濡れ縁 腐朽、破損 5~10 10~20 木製の場合は3~5年ごとに塗替えを行う。全体の取替え時期は日頃の手入れ状況により異なるが、木製で10~15年、塩ビ製で20~25年が目安
ベランダ・バルコニー 腐食、腐朽、取付け部のゆるみ 3~10 15~25 さび止め塗装は3~5年、取付け部の補修は5~10年ごと。取付け部のゆるみは外壁、屋根部分の破損を招くので早めの点検が必要
門扉 腐食、腐朽、取付け金物破損、ぐらつき 3~5 10~25 木製、金属製(塗装品)の部分補修は塗替えが中心。取替えは木製で10~15年、金属製で20~25年が目安。支柱のぐらつきは10~15年から注意が必要。ぐらつきが生じた場合は基礎固め、もしくは取り替える
外構・フェンス 腐食、汚れ、破損、ぐらつき 3~5 10~25 木製、金属製(塗装品)の部分補修は塗替えが中心。取替えの目安は木製10~15年、金属製、ブロックは20~25年。ブロックのぐらつきは基礎の補強、または控え壁の設置を行う

ページの先頭へ