HOME
リフォームする
見積書の見方・チェック項目
個別見積明細書
外壁の塗替え

外壁の塗替え

外壁塗替え工事の一般的手順

作業用足場の設置

安全に作業するための足場設置

↓

養生

塗装しない場所や飛散防止のためにテープやシートで養生

↓

下地工事

洗浄などでほこり等を除去

↓

吹付け、塗装等

外壁の吹付け、軒天等の塗装

↓

作業用足場の解体・撤去

足場の解体・撤去

事例2【外壁を塗り替える】

工事の概要
  • 建築面積:61.90㎡
  • 外壁面積:125.0㎡
  • 吹付け材:(リフォーム前)モルタルリシン吹付け →(リフォーム後)弾性タイル吹付け
工事見積明細書
名称 規格・仕様 数量 単位 単価 金額
1.仮設工事
外部足場単管 ブラケット一側足場 存置1カ月材工共252.7架㎡940237,538
ネット養生メッシュシート防炎1類 存置1カ月252.7460116,242
1.小計353,780
2.外壁工事
高圧洗浄水洗い程度 軒天部共 材工共158.020031,600
吹付け防水形複層塗材E(ダンセイタイル)
ゆず肌模様 ローラー塗
下塗・増塗・基層塗2 模様塗・上塗2
水系弾性ウレタンつやあり
125.03,270408,750
2.小計440,350
3.外壁付帯工事
軒天アクリル樹脂非水分散形塗料 2回塗材工共33.01,30042,900
破風板合成樹脂調合ペイント 2回塗51.071036,210
3.小計79,110
合計873,240
諸経費166,760
総計1,040,000

※処分費、ひび割れ補修費は別途


  • 東立面図

  • 西立面図

  • 南立面図

  • 北立面図

塗装する前に、高圧洗浄を行って汚れを落とします。
外壁に大きなひび割れがある場合は、塗装だけでは補修できないので、別途ひび割れ補修が必要になります。
塗料にはいろいろな種類がありますので、塗料選択の際には、耐久年数など今後のメンテナンスを考慮し、工事業者とよく相談して適切な選定をしましょう。事例の塗料は、弾性タイルといわれる塗料で、伸縮性と弾力性があります。
見積書にもあるように、塗装は塗料を何度か塗り重ねます。しっかり施工手順を踏んでいるか、施工中に確認するとよいでしょう。
屋根や外壁等の工事では足場が必要です。できれば屋根と外壁のリフォームを同時に行えば、一度の設置で済むため効率的です。

ページの先頭へ